2016 4月

装用感を大事にしたコンタクト選び

コンタクトレンズは、自分に合ったものを装用する必要があります。目の中に直接入れるものですし、視力矯正ができていない、自分に合わないコンタクトレンズを長く装用していると、余計に視力が悪化してしまう可能性もあります。 コンタクトレンズは度数だけではなく、目の形などに合わせて選んでいます。装用している本人は特に意識することはないと思いますが、眼科などで検査をしてもらうとき、コンタクトレンズを選ぶときには、ちゃんと目の形まで配慮して選択されているのです。 また最近のコンタクトレンズは性能が非常に優れているので、昔コンタクトレンズを装用していたけど、どうしても苦手で眼鏡に変えてしまった…という人でも、最近のコンタクトレンズなら装用できるかもしれません。一度挑戦してみてはどうでしょうか。使い捨てでワンデーのソフトコンタクトレンズが、装用に違和感もなく自然なのでおすすめです。 シリコーンハイドロゲル素材を使っているコンタクトレンズ、エアオプティクスはこちらのHPが良いですよ。紹介しているエアオプティクスはワンデーではないですが、毎日装用する人はワンデーだとお金がかかりすぎてしまうので、2週間の使い捨てがおすすめです。使い捨てのほうがレンズが薄くて装用感がいいといわれています。後は慣れですが、自分に合ったコンタクトレンズを選びましょう。

Posted in コンタクトレンズ | コメントする